DSC_4621


【材料】
豆腐
たらこ or 辛子明太子(ばらこ)
ねぎ・海苔・炒りごま(白)など好きな薬味
醤油 or 麺つゆ


【手順】
明太子は薄皮から身を取り出しておきます。ばらこを買ってくると取り出す手間が無くて楽できます。
明太子を豆腐に乗せて薬味を散らして出来上がり。

醤油(麺つゆ)をかけていただきます。
が、かけなくても全然イケます。


【洗い物】
少な目


要するに、豆腐の上に明太子。というお手軽極まりない一品。
めんどくさければ、明太子の薄皮を外さずにそのまま載せても大体問題ありません。
食べる時に難儀すると思うけど。

冷奴というのは本当に便利な料理で、「どんな食材でもとりあえず豆腐と組ませれば大体いい感じっぽい雰囲気の一品になってくれる」という、もともと持っている豆腐の良さが最も端的に発揮された食べ方が冷奴だと思うのです。
相方が大人しければ豆腐の旨味でフォローをし、暴れ馬だったら豆腐の甘味でマイルドに包んでくれる。
相方を常に引き立て、自らはスッと後ろに下がるのです。

ホル・ホースみたいに誰かと組まないと真の実力を発揮できないというわけではないのに(例:湯豆腐)、あえてパートナーを立てているという、豆腐の美しい食べ方なのです。
オレがオレがという出しゃばりキャラが重宝されがちな今の風潮とは一線を画すカッコ良さを醸し出しているのです。

※追記
2021.9.22
ライブドアblogの「編集部の『推し』」に明太冷奴が掲載されました。
ありがとうございました。