DSC_1134
DSC_1144


【材料】
長ねぎ1本
生卵(2個)
白だし(大さじ3)
砂糖(大さじ1)
水(2分の1カップ)
(目玉煮丼にするなら)ご飯


【手順】
長ねぎは水洗いしてから細かく刻みます。
親子鍋に白だし・砂糖・水を投入してだし汁を作り、火を点けて熱くします。
熱くなってきたら、刻んだねぎを投入して5分位煮ます。
生卵を出し汁に静かに投入し、白身の部分がうっすらと白くなったら出来上がり
黄身の固さはお好みでいいですが、固くしないのを絶対的に推奨。

ご飯に載せれば、目玉煮丼の完成です。


【洗い物】
親子鍋にお湯を入れておけば洗う時に楽できます。


以前載せた、西義之氏の「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」のネギ丼をアレンジして作ってみた、目玉焼きならぬ目玉煮です。
材料の分量は、まんまネギ丼の時と一緒です。
まさに、人の相撲でふんどしを取るというやつですね。

酒の肴でもご飯にのせても、どっちも全然イケます。
ご飯にのせる時に黄身が潰れがちですが、でもそれでも固くしない方がオススメです。
むしろ黄身がトロトロっとしていた方がオススメです。
人間と一緒ですね。

トロトロっとしている黄身って、なんでこんなに魅惑的なんでしょうね。
トロトロっとしているアイツも、なんであんなに魅惑的なんでしょうね。

※追記
2024.2.17
ライブドアblogの「編集部の『推し』」に目玉煮(目玉煮丼)が掲載されました。
ありがとうございました。